84be0a485b0dc08d1e8fb12fec76f105_m_r

脱毛サロンでVIO脱毛をする場合、施術前には必ず自己処理しておく必要があります。VIOは自己処理したことがないという方も意外と多く、どうすれば良いか悩んでしまう女性も中にはいます。今回はそんな方のために、脱毛前のVIOのシェーピング方法についてご紹介したいと思います。

自己処理は必ず電気シェーバーで

pixta_22004570_M_R

ムダ毛の自己処理をする場合、カミソリや除毛クリームを使っているという女性はとても多いです。他の部位でも同じことが言えますが、実はそれらは肌に負担がかかりやすく、肌トラブルの原因になることもあります。

そこで一番おすすめなのが電気シェーバーです。電気シェーバーであれば、当てるだけで毛を剃ることができるので、肌を傷つけることなく処理が楽です。

脱毛をする場合は健康な肌ということが条件になっているので、何か起きてしまうと施術してくれない場合もあります。肌に一番良い方法で自己処理をするようにしましょう。

I・Oラインはお店でやってくれる場合も

imasia_6654959_m_r

IラインやOラインなどの目で見えない・手の届きにくいという部位は、お店でシェーピングしてくれることがほとんどです。

ただしシェーピング代が無料のところもあれば、お金を取られるところもありますし、シェーバーを持参しなければいけないなど、サロンによって対応は大きく変わります。そちらはあらかじめ確認しておくのがおすすめです。

Oラインの自己処理はとても大変なので、お金がかかったとしてもお店でやってもらうのがおすすめです。

VIOの自己処理方法

pixta_13706451_M_R

まずは自己処理が面倒な、IラインやOラインの説明からしていきたいと思います。

Iラインの自己処理は足を広げたまま腰を下ろし、Iラインをのぞき込む体制にすると自己処理しやすいです。体制がきついという方は背もたれがある椅子に座り、足を机に乗せた状態でIラインをのぞき込むという体制でやってみましょう。

どちらの体制も恥ずかしく、行儀が悪くなってしまいますが、この方法がベストです。

また、Iラインの自己処理をする際は、下着を履いたまま行うのがおすすめです。下着を履いていることで少しでも大事な部分が傷つきにくくなります。食い込ませる感覚で下着をずらしつつ、自己処理をしましょう。

Oラインの場合は、しゃがんだ状態でOラインが見える位置に鏡をおく見えやすく自己処理がしやすいです。Oラインは肌が繊細なので、手探りで処理することはしないでください。

最後に一番自己処理のしやすいVライン。Vラインは下を向けばそのまま見える位置にあるので、自己処理も苦ではありません。ただし、ほとんどのサロンでは自己処理された状態のVラインに沿って脱毛していくため、自己処理の時点で理想の形にしておく必要があります。余計に剃ってしまうとそのまま脱毛されるため、後戻りができなくなります。自己処理は簡単ですが、慎重に行いましょう。

VIOはデリケートな部分のため、自己処理することで炎症してしまう可能性もあります。炎症していると施術してくれない場合もあるので、それを避けるために自己処理をするのは前々日がおすすめです。もしも肌が弱ってしまっても一日空けることで収まります。前々日より前にしてしまうと、今度は逆にムダ毛が伸びてきてしまい、剃り残しと判断される場合があるので注意しましょう。

脱毛で理想のVIOを手に入れましょう

今回はVIO脱毛をする際の、自己処理方法を紹介させていただきました。必ずしなければいけない自己処理ですが、やり方さえ覚えれば、あとは脱毛をしてきれいなVIOを手に入れるのみです。

VIO脱毛をお考えの方は、ぜひこちらの方法を参考にしてみて下さい。そして、肌に負担をかけないということを一番に大切にしましょう。