84be0a485b0dc08d1e8fb12fec76f105_m_r

脱毛サロンでは、自己処理をしなければいけないサロンがほとんどです。気を付けて自己処理をしていても、そり残しがある場合も。

そんな時、気になるのはサロンのシェーピング代。無駄な出費はしたくないですよね。今回は銀座カラーのシェーピングサービスについて、紹介したいと思います。

手の届かない部位はシェーピング無料

pixta_13706451_m

銀座カラーでは、背中やヒップ奧などの目に見えない部分や手の届きにくい部分に限り、無料でシェーピングをしてくれます。

追加で料金を取られるということはないので、自己処理だと傷つけてしまいそうという方は、サロンのスタッフにお任せしましょう。

その他の部位は自己処理が必要

手や足などの手の届く部分は、自己処理が必要になりますので要注意。もしも、そり残しがあった場合、その部位を避けての施術となります。また、全身の自己処理を忘れてしまった場合、当日キャンセルとなってしまいます。

もちろん施術一回分も消費されてしまうので、気をつけましょう。他の脱毛サロンでは、シェーピング代を支払えばそり残しをスタッフが処理してくれるところが多いので、忘れっぽいという方は銀座カラーはおすすめしません

シェーピングの注意点

銀座カラーでは、手の届かない部分の処理はスタッフが行ってくれますが、シェーバーは持参する必要があります。カミソリなどは禁止されているので、電気シェーバーを用意するようにしましょう。

もしもシェーバーを忘れてしまった場合、銀座カラーで3000円程の電気シェーバーを購入するか、その部位を避けての施術となります。銀座カラーのではシェーピング代がありませんが、このようにシェーバー代というものが発生します。

どこからがそり残しになる?

8e59eb4aa29ce1b551b409bed04

そり残しがあるかないかを判断するのは、当日担当するスタッフです。判断には個人差があるため、これなら大丈夫という確実なものはありません。そのため、自分が大丈夫と思っていても、そり残しと判断されてしまうこともあります。

ただし脇などの場合、いくら念入りに自己処理をしても、毛が太いためぼつぼつ感は残ってしまいます。このような剃り切れないものはそり残しとは判断されにくいので安心してください。

自己処理をする際は、誰が見てもそり残しがないというように意識しましょう。

そり残しと判断されないために

1. 前日・当日に行う

自己処理は脱毛する当日又は前日に行いましょう。ムダ毛は普段から気が付かないうちに生えているように、どんどんと伸びてきます。せっかく丁寧に自己処理をしても、間が空いてしまうとその分伸びてしまうので、施術ギリギリに行いましょう。

2. 最終チェックを念入りに

最終チェックをする際は、光加減を変えてみたり、鏡を使ったりしながら念入りにチェックするのがおすすめです。こうすることで発見できなかったそり残しが、見つかったりもします。

3. 電気シェーバーを使う

カミソリの場合は肌が傷つきやすいため、自然と浅めに剃ってしまいムダ毛が残ってしまうこともあります。自己処理する場合も肌を傷つける心配がない電気シェーバーを使うようにしましょう。

自己処理は忘れずに

銀座カラーは、自己処理をしなかった場合、施術ができなくなるか、シェーバーを購入する必要があります。シェーバーを購入する場合は、高い出費になってしまうため、銀座カラーではその点の注意が必要です。