4c94db3c359936ba6fbd7910a91

仕事が長引いてしまった、電車が遅れているなど、悪気がなくても脱毛サロンに行けなくなってしまうことも時にはありますよね。今回は、もしも銀座カラーで無断キャンセルをしてしまった場合どうなるのか?詳しくご紹介できればと思います。

銀座カラーを無断キャンセル

36fb2c95693ee71a0da4087c77316713_s_r

銀座カラーの予約を無断キャンセルしてしまった場合、回数制の場合は1回分を消費。脱毛し放題の場合、12回までは1回分を消費したことになり、その後はキャンセル料2,000円がとられてしまいます。

全身脱毛は決して安くないので、一回分の消費はかなり高い出費になってしまいます。これは基本的にどのような場合でも、発生してしまうペナルティです。無断キャンセルは損しかしませんので、気をつけましょう。

あらかじめサロンへいけないということが分かっている場合は、前日の19時までに連絡をしておけば、ペナルティーは一切つきません。サロンに直接かけても良いですし、コールセンターにかけても対応してくれます。19時を過ぎてしまうと、当日キャンセルの扱いとなりますのでご注意ください。

銀座カラーの予約に遅刻しそうな場合

予約時間には間に合わないけれど、少しの遅刻で済みそう!という場合には、無断キャンセルをせず、必ずサロンへ連絡を入れましょう。

全身脱毛の場合、少なくても一時間はかかります。例えば、10分の遅れですと10分引いた時間内で施術をしてくれるので、一回分が消費されてしまうよりも断然良いです。全身脱毛以外の少ない部位の場合には20分を過ぎてしまうと、無断キャンセルとなります。

無断キャンセルをした時のサロン対応

pixta_22329635_M_R

実際に無断キャンセルをしてしまった方の声を聞いてみました。

「生理日など突然の場合には、当日キャンセルでも大丈夫かと思っていたのですが、キャンセル料を取られてしまいました」

「次回サロンに行くときにとても気まずかったです」

「大丈夫ですよ。といつも通りの対応をしてくれました」

などなど、サロンやスタッフによって対応は異なるかと思います。

もしも変な態度を取られてしまった場合でも、無断キャンセルはサロンに迷惑が掛かっているわけですから、実際は仕方のないことです。今後、同じことをしてしまわぬよう気をつけましょう。

無断キャンセルをしないために

23a98d0398262f6fbdacf6a7974

一番は無断キャンセルをしないようにすることです。そのためにはどうすればよいのでしょうか?

生理予定前後に予約しない

銀座カラーでは生理など、直前までわからないような理由でも、前日の19時を過ぎた時点で当日キャンセルの扱いとなります。どんな理由であってもペナルティを取られてしまうので、あらかじめ生理になってしまいそうな日は避けておきましょう。

前後に予定がない日にする

仕事後やお出かけなどと同じ日に予約をしてしまうと、急にいけなくなってしまったり、うっかり連絡をし忘れてしまったりと、無断キャンセルをしてしまう可能性が高くなります。そんなことがないように、脱毛以外予定がない!というような、必ず行ける日に予約をしましょう。

カレンダーには絶対記入

予約ができたら忘れないうちにカレンダーに記入をしておきましょう。スマートフォンなどのカレンダーなどで、アラーム機能を利用するのもおすすめです。

無断キャンセルには気を付けよう

無断キャンセルをしてしまうとペナルティは多く、サロンにも迷惑がかかります。脱毛は短期間で終わるものではないので、一度はこのようなことが起こってしまうかもしれません。忙しい合間に脱毛に通っている方や、忘れん坊さんの方は無断キャンセルをしないために、対策をしておきましょう。