560909600ebd13c78e02bbb8a9bdb713_m_r

除毛クリームとは、カミソリやシェーバーと同じように肌の表面に生えている毛を処理することができる脱毛方法です。除毛クリームの仕組みやメリットとデメリットをご紹介します。

除毛クリームの役割

pixta_22004570_M_R

除毛クリームはアルカリ性成分を配合したクリームです。ムダ毛は髪の毛と同じくタンパク質でできているため、アルカリ性の薬剤に溶けます。肌に除毛クリームを塗ってムダ毛を溶かしてしまう脱毛方法です。

毛根など毛の組織を破壊したり、弱めたり、毛根から引き抜いたりすることはなく、表面の毛だけを溶かしてしまうので永続性はありません。ただし、カミソリで処理するよりも深い部分から毛を溶かすことができるので、カミソリやシェーバーよりは除毛後の肌の持ちがよく、ムダ毛の処理回数を削減することができます

除毛したい部分にクリームを塗り、10分~15分待って洗い流します。塗って流すだけなので、とても簡単で手軽にできます。

また、カミソリは刃で毛を剃るので処理した後の毛がチクチクしてきますが、除毛クリームは毛を溶かすので、チクチクすることなく毛が生えてきます。

除毛クリームには、女性用と男性用があり、種類も豊富です。ジェルタイプや乳液、ローションタイプなどがありますが、すべて除毛クリームと作用は同じです。香りや敏感肌用、除毛できる毛の長さなど種類によって効果も様々なので自分に合った除毛クリームを探しましょう。

除毛クリームのメリット・デメリット

pixta_21206008_m

除毛クリームのメリット

除毛クリームのメリットは広範囲を簡単に除毛できるという事です。クリームを塗ってしばらく待ち、洗い流すだけでムダ毛をキレイにできます。

カミソリやシェーバーなどは使い方を誤ってしまうと肌を傷つけることがありますが、クリームは塗るだけなので肌を傷つけることがなく、不器用な方も簡単に処理できます。男性は濃くて太い毛を一度に処理できるので、より便利だと感じることでしょう。

除毛クリームのデメリット

除毛クリームのデメリットは顔やデリケートゾーンには使用できないという事です。アルカリ性の薬品を使って除毛を行うので、肌が敏感な部分には使用禁止となっています。

また、肌が弱い方は事前にパッチテストを行うようにしてください。肌に合わない除毛クリームを使うことで、炎症を起こすなど肌トラブルが起きることがあります。事前に腕や足など小さな範囲にクリームを塗って、肌の調子を確かめ安全を確認してから処置を行うようにしましょう。

また、脱毛のように永続性はありません。肌の表面に出ているムダ毛を溶かすだけなので、毛の成長と共に再び生えてきてしまいます。一時的な処置を簡単に・キレイにするためだけの除毛方法です。

除毛クリームの注意点とアフターケア

pixta_15104148_M_R

除毛クリームを使う際には、身体に水分が付かないようにキレイにふき取りましょう。水分が付いた状態だと、除毛クリームがキレイに塗れずまだらになってしまいます。

また、身体を温めて毛穴を開いた状態にしておくと、除毛クリームがしっかり毛穴まで浸透するのでキレイに除毛することができます。

ムダ毛が隠れるようにたっぷり塗る事も大切です、たっぷり塗ると毛によりよく浸透します。

除毛後には、クリームをきれいにふき取り洗い流します。除毛後の肌は乾燥しがちでデリケートになっているので、保湿クリームや化粧水でたっぷりと保湿をします。高価な保湿クリームを使うよりも、自分の肌に合ったクリームをたっぷり塗る方が効果的です。

ここで、抑毛作用がある抑毛ローションを塗るのも効果的です。毛の成長を抑制することができるので、ムダ毛が生えてくる期間を長くすることができます。毛の太さも細くなるなどの効果が出ることもあるので、ぜひ抑毛ローションを使ってみてください。